RightPlaceRightPerson.png
 

SAMURAISサイクル理論

SAMURAISサイクル理論

企業や組織の経営課題は多種多様にあります。その経営課題を解決するために必要なサイクルで示したものを「SAMURAISサイクル理論」と名づけました。

 

企業は設立をして、事業を開始し、いろいろな課題を解決しながら成長していきます。経営課題は「経営戦略」「ブランディング」「営業・マーケティング」「人事・組織」「実務執行」「財務」「情報」「技術」の8つのカテゴリーに大きく分けられますが、それぞれの経営課題を解決するために7つのステップをRP-RPは提示します。7つのステップは以下の通りです。

 

Strategy     発想

Attention       注目

Magnification     拡大

Understanding   合意

Realization      実現

Administration 管理

Improvement      改良

 

SAMURAISサイクル理論はすべての事柄に応用することができます。プロジェクトや商品開発、組織などの課題だけに限らず、さらには個人的に抱える課題も解決へと導くことができる画期的な理論となっています。

 

あなたの課題を明確にして、その課題をSAMURAISサイクルの流れで実行することを通して課題の解決を図っていきます。そして、このサイクルを何度も回していくことで永続的なレベルアップを図ることができます。

SAMURAI図.png

7つのタイミングと7つのアクション

 

経営課題がうまく解決しない時、「適所適材」活用がうまくいっていないのではないかと考えました。

「適所」とは「適切なタイミング」で 「適切なアクション」を取ることで、「適材」とは「適切に実行する人材」です。

つまり、課題解決がうまくいっていないのは、課題解決のためのタイミングとアクションがうまく合っていない時であり、それを適切に実行する人材が合っていない時なのです。

言い換えると、課題解決 のための適所詰まり(=ボトルネック)をSAMURAISサイクル理論で明らかにして、適材をもって解決しようという取り組みです。

SAMURAI蝗ウ(繧ソ繧、繝溘Φ繧ー).png

7つのタイミング

 

Strategy - 発想

Attention - 注目

Magnification - 拡大

Understanding - 合意

Realization - 実現

Administration - 管理

Improvement - 改良

SAMURAI蝗ウ(繧「繧ッ繧キ繝ァ繝ウ) .png

7つのアクション

 

Strategy - (構想や戦略を)考える

Attention - (目的や魅力を)発信する

Magnification - (活気や信頼を)与える

Understanding - (組織や関係者を)調整する

Realization - (段取りや計画を)実行する

Administration - (進捗や実績を)検証する

Improvement - 仕組みや商品を)改善する

サムスク

 

SAMURAISサイクル理論を体型的に学ぶ

サムスク(サムライズスクール)

 

①80ページ以上に及ぶ「適材適所経営 SAMURAISサイクル理論レポート」を基に、内容を動画にてわかり易く解説し、理論を深く学べます。

②SAMURAISサイクル理論を実践活用するための課題解決シート付きで実際に課題解決を実践することができます。

 

③サロン(ラウンジ)を不定期開催し経営者や経営支援者の交流を行います。

 ・経営課題をSAMURAISサイクル理論を用いて解決する勉強会
 ・SAMURAISサイクル活用事例の共有 など

​④定額の月額制でレポート、課題解決実践、サロン参加ができます。

個別コンサルティング

 

SAMURAISサイクル理論で適所適材経営を実現する

個別コンサルティング

株式会社RP-RPでは、SAMURAISサイクル理論を活用して経営課題を解決する個別コンサルティングサービスを行っています。

RPコンサルタントが、適所適材経営の実現を支援いたします。

​お気軽にお問い合わせください。

ビジネス握手